fc2ブログ
アイキャッチ画像

入学要項

この記事は、合否を左右するぐらい大切だと個人的に感じるPersonal Statement(志望理由書)について記載させて頂きます。自己をアピールできる絶好の機会ですのでバンバン売り込みましょう。バークリーオンラインでは主にビデオでのプレゼン形式(Video presentation)かエッセイ形式(Written essay)のどちらかを選べます。

ビデオの場合は3-5分間のプレゼンの後、You tube等でアップロードをしてそのリンク先を送る仕組みで、エッセイの場合は500-750ワードの文章をワードかPDF形式にして提出します。エッセイの場合は必ずヘッダーにご自身の名前と希望の専攻を記入してください。また、どちらの形式を選ぶにしても下記の内容を自分なりに記載することが大学側の希望となっております。

◆◇◆
・Tell us about your background, particularly experiences with music and/or the entertainment industry.
(貴方の今までのバックグラウンドを教えて!)

・Tell us why you chose Berklee Online, and why our programs are the right fit for your goals.
(何故バークリーオンラインで学ぶ事が貴方にとって適切だと思ったの?)

・Discuss your career aspirations. What do you envision for your future in music? What do you want to achieve through our school and after you graduate?
(貴方の展望は?ここを卒業したら何が達成できる見込みで、その上で何をしたいの?)

・Demonstrate how a degree from Berklee Online will help you to achieve your personal, professional, and creative goals.
((上記とあまり違いはありませんが)貴方が描く目標達成の為に我々バークリーはどのぐらいマッチしているの?)
◆◇◆

個人の意見ですが、3分以上の動画や英語で500-750ワードと言うと結構な長文なので、まずは日本語で自分の半生を書く勢いで臨むと書く内にどんどん理想の自分像が見えてくるのでお勧めです。また大学の良い所を褒めるだけでなく、何故その大学が自分とマッチしているのかを書くようにも注目して下さい。他の誰かがコピー出来ないような文章をつくって下さい。

次にあの手この手猫の手Google翻訳様様を使って英語で書き終えたら、身近にいる英語の(できる)先生か友人にダブルチェックしてもらいましょう。せっかく熱く語っているのに意味がちゃんと伝わっていなかったら勿体ないです。日本でも自己PRを書き終えたら先生に添削して貰いますよね。プロの翻訳・校正・添削サービスにご依頼するのも全然ありだと思います。

その後問題がないようでしたら収録/記入の作業です。その後は、Applicant portalにてURLもしくは文書を送付してください。ここでも念入りの確認を!最低収録時間数or文字数は超えるように!(貼り直し、修正版の送付は何度でも可能です)

と、いう訳で追記にて自身が書いた日本語版の志望理由書を記載させて頂きます。あくまでご参考までに……今改めて見返してみると少し恥ずかしいですね(照)

スポンサーサイト



涼風ひさめ
涼風ひさめ

会社勤めの作曲家です。現在バークリー音楽大学(通信課程)の推定2年生。これからも楽しく幅広い音楽をつくっていきたい。猫とドラゴンに目がない。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック