05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2016年もどうぞ宜しくお願い致します(遅!) 

さて。一年ぶりの更新となりました。(滝汗)
いやっ、あの本当に申し訳ありません!痛ッ!レンガは投げないで!

未だにこちらのブログを見て下さる素晴らしく奇特な御方がいらしておりましたら
本当にお久しぶりでございます。Twitter等ではちょくちょく更新しておりましたが
昨年度では大変お世話に、そして色々な出来事がありました。
有難くもご依頼を頂き沢山の楽曲を制作してみたり、
色々な方と出会いましたり、2ヶ国も旅行に行けたりと大分濃厚な一年でした。
沢山の気づきや思い出、アイデアを本当にありがとうございました!

今年も、チャレンジする事は変わらないですがより"内なる"成長が出来ればと思っております。
そんな訳で、要するにいつも通り相変わらずな自身ではございますが、
引き続き温かく見守って頂けると幸いです。そして今年もどうぞ宜しくお願い致します!

続きからは、昨年10月に行ったロシア旅行のまとめです!
という訳でございまして、10月上旬に1週間ほどロシア旅行へ音楽をしに行きました!
ただ最終的に、"勉学"というよりロシアの人の温かさや、華やか/辛かった頃の歴史、
そして美しい風景を肌身に"感じる"事の出来た旅行でありました。

IMG_1961.jpgIMG_1963.jpg

まずはホテルに到着!ネフスキー大通りに位置するベルモンド グランド ホテル ヨーロッパ。
荷物の多さは気にしない気にしない。
ホテルの受付の綺麗すぎるお姉さんも笑顔で出迎えてくれてシャンパンを頂けました。
その時までまさかロシアの方が笑顔で出迎えてくれるだなんて思ってなかったので(失礼)
玄関ホールの時点で既に優雅な気分になれました。着いたのが夜でしたのでその日はそのままzZZ

IMG_1968.jpgIMG_1971.jpgIMG_1970.jpg

見て下さいこの大きなサーモン!
げほっ、ではなく翌日のホテルの朝食です。本当においしい…
席に案内されると紅茶かコーヒーかドリンクかときかれるのですが、
リンゴジュースを頼むと青リンゴ100%の綺麗なジュースが出て来ました!とても美味しい!
紅茶も種類がたくさんあり、特にアイリッシュほにゃららが香りも良かったです。
こちらの朝食会場は玄関ホール近くにあるのですが、休日(土日)には生ピアノ演奏もありました。
絶対次もまたここに泊まりたいです。。ちなみに自身この1週間連続でサーモンを食べます。←←←
あ、朝食はバイキングスタイルなのですがフレッシュな野菜や、お肉、
チョコたっぷりのフレークもちゃんとありますから!オススメはクレープですよ!

さて、美味しい飲み物とサーモンを食べた後は丁度水曜日でしたので
午後からは一日中エルミタージュ美術館におりました。全館制覇!
IMG_2005.jpgIMG_2014.jpgIMG_2018.jpgIMG_2020.jpg
IMG_2068.jpgIMG_2044.jpg

以前にウィーンやその後パリのルーブルにも行ったのですが、
ロシアの美術館はとにかく絢爛豪華!!
赤や金や双頭の鷲がこれでもかというほどにあります(歓喜)
また昼から夜までいたので、同じ景色でもまったく違うように見えて大変素敵でした。
窓から見えるネヴァ川…お土産屋さんのこれまた綺麗な女の子は日本語を話してくれてこれまでに
2回ほど訪日して下さったようです。そしてまた行きたいと言っていました。
アニメイトに(ヤッタネ!)
一番見たかった孔雀の時計、玉座、ラファエロの間、ラファエロの絵画全部見られました!

IMG_2054.jpgIMG_2043.jpgIMG_2039.jpgIMG_2030.jpgIMG_2036.jpgIMG_2073.jpgIMG_2087.jpg

水曜日が絶対的にオススメ!18:00を過ぎると観光客がめっきり減って
玄関ホールの階段に寝っころぶティーンズがいました。
(きっと無料ですし外に遊べる寒さでもなかったのでいい遊び場なんだろうなーと。
守衛さんも何も言わなかったですし。良いと思います!(こら)
全体的にアテナの石像が多いこと多い事!やはりエカテリーナさん等女性が君臨すると、
置かれるものも"強い女性像"なのでしょうか。
マーブル色の壁がとても可愛らしい部屋もありました!


そして20:30頃に博物館を出ました。寄り道もしたのでホテルに戻ったのは21:00ぐらい。
治安もサンクトペテルブルグ(ネフスキー大通り)はとても良く22:00ぐらいまで他の女性も
普通に歩いておりました。スタバもサブウェイも空いてましたし!

さて深夜に初雪が降ったとニュースが流れた二日目の朝。
少し時間が在ったので(早起きしてしまったので)朝食の時間までホテル内を捜索。
そう言えば、このホテルにはかの英国女王様やチャイコフスキーのハネムーンで
泊まったと聞いていたので、小さな客間(?)へ行くと、とっっってもアンティークなピアノが!!

IMG_1983.jpgIMG_1984.jpgIMG_1978.jpgIMG_1982.jpg

興奮しました。この部屋にずっといたい。(真顔)
カーテンもお花もオシャレでもう少しいようと思ったら時間が。
めっちゃテンションの高いドアマンにドアを開けて貰いながら外を出ました。

IMG_2095.jpgIMG_2103.jpgIMG_2096.jpgIMG_2099.jpgIMG_2115.jpgIMG_2131.jpg

そして午後。やってきましたエカテリーナ宮殿!
一番の見どころはやはり、金の間・大広間ですね!窓が綺麗!
そのお隣はお食事の間で、当時の食器等が置かれており
とてもいい素材になりましたえぇもちろん。(鼻息を荒げながら)
ただこちらも、大戦中はドイツ軍がこれでもかというほど金を削いでボロボロにしたらしく、
特に琥珀の間の琥珀は全滅。それを数十年前になってから(資本入りだしてから)
何とドイツの人の技術家や資本家が修復に全力を尽くしてくださったそうです。
という説明をまず最初に聞くのですが、深い話でした。ちゃんと説明して下さるのがまたいいです。
琥珀の間だけは撮影が許されていませんでしたので、ポストカードを買いました!
まだまだ修復中らしく、全ての琥珀はカニーリングラードから運ばれるのだとか。
旧プロイセン領なので機会が在ったら是非行きたいです。
少しだけ時間が在ったので屋敷の下へ降りたのですが、公園もまた広くて、
大きな湖もあり、とてもいい素材になりましたええもちろん(鼻血を出しながら)

IMG_2143.jpgIMG_2149.jpgIMG_2155.jpgIMG_2153.jpg

そして、その後殆どの人がその足でぺテルゴルフに行くのですが、
どうしても行きたい場所が在りまして、その日私はそこから遠くないパーヴェル宮殿へ行きました!
見て下さいこの緑!庭園(パヴロフスキー公園)はmapで見ても驚く程とんでもなく広いんです。

IMG_2148.jpg

そしてこの宮殿へ行くと会えるという幻の猫にも会えました!遠くから来てくれました!(感涙)
内部は残念ながら撮影料を払い忘れていて(ロシアは基本"入場料"と"撮影料"が分れている)
写真に収められなかったのですが、装飾品や、部屋の作りが本当に趣味が良いんです。
緑や花、簡素ながらも美しい作りの調度品。今まで豪華なものを見ていたせいもありますが、
はっきり申しますと 頭 が い い のがわかる宮殿でした(私が言えることではありませんが;)
こちらも専門のガイドさんがお話してくれたのですが、

1.主人の書斎から見える庭の先に日本から届いた桜の木が在る(戦後に贈られたとの事)
2.戦時中に一族の末裔や使用人が全ての家具・絵画を戦禍から逃れる為に隠し、
 結果一つもかけることなく復元/復帰する事が出来たとのこと。
 これは世界的にも珍しいそうです。

噂や歴史ではパーヴェルさんは母であるエカチェリーナ2世に相当嫌われたそうですが、
政治向きではなかっただけかなと感じました。(芸術家向き)

という訳で二日目も無事終了しました!よく考えたら10時間ずっと歩いていたみたいです!(笑)
3日目以降(後半)はまた次回の記事にて!!
ここまで読んで下さり、誠にありがとうございました!
スポンサーサイト

Posted on 2016/02/07 Sun. 01:11 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisamesnow.blog68.fc2.com/tb.php/136-b5556975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。