05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

あけましておめでとうございます!&ウィーン紀行 


改めまして、あけましておめでとうございます!

日記を更新するする詐欺をしてしまいまして誠に申し訳ございませんでした。
そして、昨年も大変お世話になりました、氷雨です。

来年も今年に引き続き、皆様を思わずワクワクさせられるような
音楽を作曲することが出来るよう、心を込めて全力で頑張ってまいりますので、
今後ともどうぞ宜しく御願い致します。

さて、ではでは早速去年の11月に行ったオーストリアの
旅日記をまったり綴らせて頂ければと思います。

IMG_1688.jpg

~1日目~

駅にてパスポートを忘れる事案が発生。
何でしょうこの既視感。
あ、京都行きの指定特急電車が目の前で閉まった時と同じ感覚ですね←
何とか弟を走らせて、一命を取り留めました。
14時間の飛行機内では映画、「ヒックとドラゴン2」を鑑賞、
その後は温かいパンを頂いたり爆睡したり。。。

して到着!今回のホテルは「ホテル・アナナス」という、
楽友協会があるカールプラッツに2駅で行ける交通に便利な所に泊まりました。
早速荷物を置いて、シュテファン寺院へ!
丁度クリスマスマーケットが開催されていた時期に言ったので、
寺院も華やかな照明があたっていました!

IMG_1367.jpg
IMG_1371.jpg
ウィーンは寒いと聞いていたのですが、その日は日本よりも暖かく感じるぐらいの温度。
その後、周りのお店やペーター教会をちらりと見ながらその日は終えました。

~2日目~

ウィーンをすこし離れ、いつか行ってみたかったメルク修道院へ!
世界で美しい図書館トップ20に入る図書館がどうしても見たく…見たく、
既に英語のガイドツアーを日本にいるときに予約しておりました。
IMG_1452.jpg
IMG_1457.jpg

夏は修道院の中にある私立学校が休みなだけあって、
無料で部屋を公開しているのですが、11月になるとこの過疎具合である。
そして、ツアーを予約していたのが自身と母だけというまさかの個人ツアー。
大聖堂やハプスブルグ家が食事をした部屋を個人で貸切とかもう二度とない至福の時間でした。

IMG_1494.jpgIMG_1495.jpgIMG_1505.jpgIMG_1541.jpgIMG_1507.jpgIMG_1549.jpg

図書館は残念ながら写真撮影が禁止だったのですが、もう本当にファンタジー小説に
出てくるような造りや、本の装丁、螺旋階段があり、大きな地球儀が二つ、天窓が三つと
もうすぐさまメモに書き起こしました(真顔)

IMG_1564.jpg
IMG_1574.jpg
IMG_1570.jpg

そしてそんなハイテンションの中、夕方頃にウィーン市庁舎前に。
やはりクリスマスマーケットが行われており、甘い香りのお菓子や、
蒸したワインのお酒など沢山のものが売られておりました。
そんなこんなで濃い二日目が終了!

~3日目~

IMG_1601.jpg

やっとウィーン市内の観光をと思い、まず馬を見たいがためにスペイン乗馬学校へ。
馬良いですよ馬、宮殿より先に馬ですよ。馬。
朝の乗馬訓練(練習?)は基本毎日行われていたので(そして安いので)
2周ぐらい白い馬と、制服と、優雅な楽曲と制服
メモに書き起こしながら眺めておりました。本当女性も男性も制服がカッコイイ。
こちらも残念ながら撮影禁止だったのですが、入り口にいた馬車用の馬を激写。
寒いので耳あてつけてもらってます。可愛い!

IMG_1598.jpg

そしてそのまま国立図書館へ。え?また図書館?
本良いですよ本、宮殿より先に本ですよ、本。
こちらも世界で美しい図書館トップ20に入る壮大な図書館なのですが、
箱型のメルクとは違ってロマネスク様式というか、円柱状の図書館でした。
しかもこちらは写真撮影OK。私のカメラが火を噴きました←

IMG_1621.jpgIMG_1614.jpgIMG_1620.jpgIMG_1617.jpgIMG_1625.jpgIMG_1629.jpgIMG_1624.jpg

我は満足である。
本棚には隠し部屋が在ったりなどして、創作意欲が掻き立てられました。
と、気づいたら夜になってしまったので、こうして三日目も終了。
本の威力は恐るべし…

~4日目~

流石に宮殿へ行こうと思ったのですが、先にベートーヴェンさんのお墓に直行。
ウィーン郊外の場所ではありましたが、地下鉄の終着駅で、その後バスですぐなので、
特に不安には思いませんでした。

IMG_1643.jpgIMG_1647.jpgIMG_1645.jpgIMG_1648.jpg

上からベートーヴェン、ブラームス、シューベルト、シュトラウスのお墓参り。
ベトさんには「作曲の閃きを…!私に才能を…!」と長い間祈っていたのですが、
後ろでキツツキがカツンカツン木を叩いてました。←
とても空気が綺麗な緑の公園でした。お墓も一か所に集まっていたので、迷わずに済みました。
…え?モーツァルげほっげほ。さぁ、シェーンブルグ宮殿にでも行こうかな!

IMG_1660.jpg

という訳でシェーンブルグ宮殿へ。
夏ほど混んではいないようでしたが、それでもたくさんの人が来ておりました。
またここでもクリスマスマーケットが開催されており、手作りのキャンディや蝋燭、
ブックカバーなど売っていて、目を輝かしてました。
こちらも撮影NGでしたので中の様子はお届けできないのですがまさしく宮殿でした(おい)
カーテンのレースにハプスブルグのマークが縫われていたり、絨毯がふかふかだったり、
食器や燭台がキラッキラしていて、これは完全に頭でコピーして次作の作品に取り入れます、はい。

かくして、やや急ぎ足で楽友協会、

IMG_1669.jpg

次いでホーフブルグまでGO!
こちらも撮影が(省略)階段までの映像をどうぞ。
IMG_1683.jpg

キラキラさが半端在りませんでした。
シシィの生涯、彼女を想像していた以上にひくほど愛していたヨーゼフ皇帝の部屋など、
書物だけでは把握できなかった光景を見て、触って、感じることが出来て
素晴らしい一日を送れました。

明日は今日行けなかった…と気づいたら翌日が帰国日で消沈。

IMG_1688.jpg

そんなこんなで相変わらず怒涛の1日目から始まったウィーン紀行でしたが、
主に建築物、歴史でたくさんの事を新たに学べました。
ゲームや自身の成長に少なからずプラスになったと思います。
今年は、一体どこへ行くのでしょうか…!
今からパンフレットを片手にお仕事ですね!←

それでは、ここまで読んで下さり誠に、誠にありがとうございました。
やや早足の語りとなってしまいましたが、少しでも興味を持って下さったら幸いです。


スポンサーサイト

Posted on 2015/01/01 Thu. 18:19 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisamesnow.blog68.fc2.com/tb.php/132-4478c153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。