05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

英国旅行記~4日目 シェイクスピア生誕の地&オックスフォード!~ 



4段目は宮崎駿版ホームズ。
知っている方いらっしゃいますかね……
モリアーティがカッコ可愛くて好きです。←

というわけで後編、4日目はロンドンから少しはなれ、
コッツウォルズ地方・ストラドフォード・アポン・エイヴォン
そしてオックスフォードへ行きました!

今回は初めての事もあったのでバスツアーで参加です。
~オックスフォード~

寝坊することなく(省略)
ツアー会社指定の待ち合わせに少し早くついたので、
コーヒーを飲もうと売店へ行くと、とっても人のよさそうなおじさんが、
「日本の方ですか?」といわれたので、はいそうですと答えると、
「いつもありがトゥ!」と丁寧にお辞儀をされたので、朝から口が綻びました。
おじさん、コーヒー美味しかったよ!また来るよ!!

バスに乗ると、日本のガイドが先にオックスフォードへ行くとの説明。
乗っている間も、オックスフォードについて、大学へはどうやって行けるのか、
奨学金制度、皇太子様が留学されていたときの様子等、とても詳しく教えて下さりました。
ふむふむ……つまりオールAは前提でその後の面接が勝負なのですねorz

■クライストチャーチ

そんなこんなで、1時間ほどで到着。まずはハリーの撮影でも有名になった
クライストチャーチへ。確かにハリー専用のスタジオも作られたので
行ってみたかったのですが、やっぱり先に本物を見たかったので、
スタジオは次回持越しへ。

IMG_0713.jpg
IMG_0715.jpg
IMG_0720.jpg

中に入ると……

IMG_0723.jpg


待ってました!食堂!!たくさんの絵画に囲まれながらのお食事ですね←
実際12時になったらいったん閉館して生徒が朝食を食べに来るので驚き。
先生が、一人ひとりの悩み事を聞く場でもあるとガイドさんから聞いて、
さすが、教育もそうですが、個人もしっかりと育てて支えてくれる
学校なのだなと思いました。

IMG_0739.jpg
IMG_0746.jpg

お馴染みのハリーの撮影が行われた階段とお庭。
この庭にある鐘も有名で、創設時の生徒数が総勢101人だったことから、
夜の9時頃に101回の鐘がなるそうで、それまでに寮に戻れなかったら罰金です。
今では門限21時は流石に早すぎるだろうということで、
22時位にはなっているそうです(笑)


■ラドクリフカメラ・ボドリアン図書館

IMG_0758.jpg

クライストを出て、ガイドさんから他のカレッジの説明等を聞きながら歩くこと数分。
いわゆるオックスフォード生の自習室であるラドクリフカメラが。
一度は中に入ってみたいのですが、その為には入学せねば……orz
皇太子様も勉強されたようです。

IMG_0767.jpg

そして、お隣には有名なボドリアン図書館。
イギリスで発刊された本(初版)はすべて入れられるので数はすでに700万冊以上…
大英図書館の次に大きい図書館だそうです。
ガイドツアーが毎日数回大学内にてあるので、
次回は個人でこのツアーに行ってみたいと思います。
(今回は時間がありませんでした;)

そんなこんなであっという間にオックスフォードツアーが終了。
う…やっぱりバスツアーなどは時間が制限されているので、
中々時間が厳しいですね;;でもこれできっと次は迷わずにこられるでしょう!(フラグ)


~ボートン・オン・ザ・ウォーター~

というわけで、昼食もかねて次に着いたのがコッツウォルズ地方の
ボートン・オン・ザ・ウォーター名前のとおり、
小さな川の上に可愛らしい石造りの橋がかかっている場所でした。

とその前に本日の昼食を。。。
IMG_0774.jpg

名物、フィッシュ&チップスですね!とても美味しかったです><
考えてみれば、今まで朝食以外まともなご飯を食べていなかったので
(食欲<<<ロンドン巡りだったので)ここで名物を食べることができて至福です。
その点はツアーのいい所だと思います。

IMG_0779.jpg
IMG_0784.jpg
IMG_0788.jpg
IMG_0791.jpg
IMG_0800.jpg


実はTheTimeofThawのより細やかな設定や、
町のモデルなどはここから影響を最も受けました。


~シェイクスピア生誕の地~


ちょっとした休憩の後、
最後に向かうのはシェイクスピア生誕の地、ストラトフォード。
実際、作品は少し知っていてもシェイクスピアの生い立ちなどまったく
勉強して来なかったので、ガイドさんの説明はとても貴重なものでした。
お嫁さんの名前がアン・ハサウェイとか(そこではない)
比較的裕福な家の出であったり、お父様が皮(手袋)職人であるとか……

IMG_0817.jpg
IMG_0825.jpg
IMG_0829.jpg
IMG_0840.jpg

家の中には、当時の格好をしたお父様や乳母などが
ガイドをしてくれました。このお父様とってもカッコよかったです。
そういえば、シェイクスピア自身もかっこよかったと言われていたような…
当時の家の様子なども見学できて、とても良かったです。

IMG_0847.jpg

また中庭では、劇を演じる方がいらっしゃって。
リクエストしたらどんな詩の一説も言えるって、やっぱりすごい……

と、その後自由時間が30分(!!)あったので、
全速力で少し離れた場所にある、シェイクスピアのお墓まで走りました(笑)
常にハングリー精神である私。

ホーリートリニティ教会

IMG_0849.jpg
IMG_0851.jpg


中は撮影できなかったのですが、奥さんであるアンさんやご家族の方と一緒に
シェイクスピアのお墓がありました。教会自体、ゴシック調ではありましたが、
とても静かな雰囲気で(教会なのでそれは当然なのかもしれませんが)
遺言どおり安らかに眠れる場所だと思います。

今年で、シェイクスピアは生誕450周年。
ご興味がありましたら、是非是非この地を訪れてください!!

そんなこんなで、あっという間に4日目も終了してしまいました。
次回はいよいよ帰国……先日に行けなかった場所となります。

ここまで読んでくださり、誠にありがとうございました!!

スポンサーサイト

Posted on 2014/03/14 Fri. 15:22 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisamesnow.blog68.fc2.com/tb.php/108-6fad9458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。