08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Whereverロゴ制作して頂きました!! 

wherever_logo2.png

人は、誰しもが幼い頃、夜を待ち、そして遠い星を見ていたものだ
大きな夢をその小さな胸に抱き、望み、そして願った
大人は言うだろう、そんな夢は星の塵と消えるだろうと
しかし考えてみたまえ かの有名な彼女であれ、彼であれ

幼き頃は君と同じように同じ空の星を見上げていただろう?

永遠に見えるその星は、何を導き、何を悟るのか
結局は、眺めてる自分次第かもしれない...

それでは話を始めようか

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/26 Fri. 20:22 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

26

秋のM3についてのご案内(参加した企画様) 

という訳で本日最後の記事は来る秋のM3のご案内です。
今回は既に宣伝の許可を頂いた企画で3つ紹介させて頂ければと思います。
ご依頼くださり誠にありがとうございました!(涙)

■ナルコレプシー・フィロソフィー

ナルフィー


◆主催 来宮 りお様(iDearoom)
◆場所 シ-34a,b

―君の為に僕はナルコレプシー・フィロソフィーを続けるよ―

毎回大変お世話になっております。まずは、いであるーむ様より
美しく、そして儚い雰囲気の施設で起こる一つの切ない物語です。
こちらの主題歌と劇半を担当させて頂きました!
主題歌は特に本編に併せまして、まるで教会で歌っているかのような
綺麗さと儚さを追求しました。毎度歌手様にはお手数をおかけしております(汗)
劇半は実は只今制作している途中なのですが、こちらも教会音楽のような
神秘さと切なさ、荘厳さを表現できるような音楽を目指しております。


■BadEndPrincesses

BEP


◆主催 桜井みお・木下結璃 様
◆場所 後日記載

―今宵、物語に終わりの歌が響く―

続きまして、「ハナコトバ」でお世話になりました
桜井みお様、木下結璃主催のハッピーエンドを迎えた誰もが知っている
お姫様のその後のバッドエンドという魅力的なミュージカル。
こちらの「人魚姫」を担当しました。人魚姫大好きだったので嬉しかったです!
お察しの通りバッドエンドでしたので、ダークな曲調となっております。
しかしながら人魚姫=純粋すぎる愛が招いた悲劇と考えて、
哀しすぎず、むしろやや明るく狂った感じに仕上げております(←)


■人形狂詩曲



◆主催 Tears Of Mermaid 様
◆場所 セ-04b

―僕たちはどうして生まれてしまったんだろう―

そして最後はTears Of Mermaidのとむ少佐様主催の近世ヨーロッパを舞台とした、
二つの人形が<恋>というものを求める悲しく切ないボイスドラマ。
こちらの劇半を担当させて頂きました!
モデルがイタリアとの事でしたので(大好物の)
バロックやアコーディオンやバロック(2回)をふんだんに入れて作曲しました。
あんまりにも主張しすぎて可愛いルッテや可愛い(2回)カルロッソの
お邪魔になっていないか少し心配です…


以上、秋のM3でも何卒、何卒宜しく御願い致します!
それでは、連続したご案内で大変失礼いたしました。

え、自身のブースでの展示は何か、ですか……
ま、また後日!!!(とんでもない既視感)


Posted on 2014/09/13 Sat. 01:28 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

13

2014 IBLA GRAND PRIZE(初国際コンクール) 

で、そんな事もあり6月の記事を記載した後
「作曲家になるのだったらコンクールでタイトルとらねば」と思い、
丁度こちらのイタリア国際コンクールがあったので参加させて頂きました。
(このぶっ飛び過ぎは自分でも治せない癖です)

2014 IBLA GRAND PRIZE

何と言っても、基本的に参加費が高い国際コンクールの中でも€100。
そして一番感激したのが、推薦状が要らないという...もう本当感涙もの。
「アマチュアもプロも関係ない!音楽だけを下さい」って言う文章。
通常どこのコンクールもエントリーシートにはどこの(音楽)大学卒業で、
誰の師事でと書かないといけないのです。ぶっちゃけそれで優勝が決まるので(涙)
思い出しますよ私も日本の音楽大学の受験で(割愛)
音楽を学びに来ているのに、音楽の知識がないと落とされる音楽大学って一体。
いえいいんです…この話は全然面白くないので話を戻しまして(笑)

早速募集要項を確認したところ(英語の辞書破れるぐらい見た)
演奏家は現地(南イタリア)まで行かないといけないそうですが、
作曲はデータだけでいいという事で一安心。年齢制限も特になし。
早速その時新曲だった「The Time of Thaw~雪解けの時~」のテーマ曲を送ろうと決め、
譜面を編集しようとしたところ。「一応締切は2月」という文章を最後に発見。
(コンクール開催は7月)

「………ちょっとメールしてみるか」

本当この「確証全くないけど絶対何とかなる」という変な自信を持っている私は
6月になって、事務所にカタコトの(恐らくひどい)英語でメール。すると即返信が。
「6月いっぱいまでに全部送ってくれれば多分OK」という聖母マリアも涙するぐらいの優しさ。
だがしかしそれからこの方と私の壮絶なやり取り事故が起こります(完全に私のミス)。

1.まず譜面を本部のあるNYに送り、その連絡をした後、
「いや、もう会場のセッティングの為に
スタッフ全員イタリアにいるから譜面はもうデータで良いよ」

2.参加費がカード決済か振込みでと書かれているので、
カード決済で御願いしますと連絡をしたところ
「いや、もうコンクール直前だからカード決済無理だよ!(涙)
銀行に振り込んでおいて2週間後までに」

え、2週間って日本からだと結構やばいと思って連絡を貰った後
すぐに近くの郵便局へ直行。国際送金をしようとしたところ
「あれ、そういえば本部皆誰もいないのにどうやって参加費受理してくれるんだ…
イ、イタリア支部の銀行に送金すればいいのか…な?」
と滝汗状態で、イタリアの方の銀行口座を確認して何だかすごく細かい振込み書にカキカキ…
がしかし、銀行コードとか全然収まらない。大丈夫なのか…
他のコードとかもサイトを見る限り何も書かれていないし本当に大丈夫なのか…
と、恐る恐る局員さんに質問をしたところ、たぶんここで国際送金って初めてなのかな…
と思う感じであちらもあたふたしていて(本当閉まるギリギリに来て申し訳ありませんでしたorz)
本部まで電話かけて下さって
「あの、受取人の住所と送る住所が違っていまして、えぇはい。
コンクール間近でスタッフ全員別の場所に行ってるみたいで、えぇそうです」
本当ごめんなさい。
でも何とか受理してもらえたようで、本当に感謝。

後日「うん、ちゃんと届いた。いやでもすごいな」
というお褒めのメールも頂き何とか終えました。

…え、結果?
いやもうここまで色々な方に手伝ってもらっていて
既にタイトル取ろうとか忘れておりました(←)
しかしながらしっかりと審査員は見て下さったみたいで

7.00 Distinguished (DISTINGUISHED MUSICIANS)

との評価を頂きました。
実はまさか7点台とれるとは思っていなかったので、本当嬉しかったです。
まだまだリストの中では下から数えた方がすんごい早い順位ですが、
(数えてみると参加者≒リストアップ者で何とも言えない所でもあるのですががが←;;)
これが今の私の位置だと思い、今後も頑張っていく所存でございます!

裏話ではありますが、プロフィールとして写真2枚送ってくれと連絡が来て
「え、プロフィール写真とかそういえば皆無だわ」と思い、
主催者曰くどんな写真でもいいよとの事だったので、
明らかおかしい自身の写真と、愛猫の写真を送ったのですが
見事に自身の写真だけ展示されてました(笑)ただその後メールで
「猫可愛い美しい」とメッセージをくれてこのコンクールの人々は本当に温かいなと思いました。

Posted on 2014/09/12 Fri. 23:56 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

12

気が付けば9月(ちょこっと重要:ご依頼について) 

本当にすみません(土下座)
前の記事が6月って時の流れは残酷でございます...
大変お久しぶりです、氷雨です。やっと涼しくなってきましたね;
作曲の活動としましては本当に嬉しい事に多くのご依頼を頂いており、
少しお時間がありましたので早速日記を書かねばと思った次第でございます(滝汗)
いえもう本当夏コミの件とか宣伝すらせずにすみません(土下座)
あの時は夜を徹してマスターアップと直後発生した最終バグの修正で...(遠い目)
偶然にも手に取って下さった方、お声をかけて下さった方本当に、本当にありがとうございます。
もう少し化粧等しておけばよかったものを…(涙)
次のイベントの際は今度こそしっかりと身の回りも綺麗にして臨みたいと思います。

さてまた後日秋のM3やこの3か月で作曲したものなどをご紹介する予定ですが、
御先にタイトルに書かれております「ご依頼について」お話します。
少~し真面目なお話ではあります。

只今上記のように大変嬉しい事にご依頼を多く頂いていること、
そして、今後音楽を本職として(念頭に置いて)活動をしようと最終決断したこと
に伴いまして本日から無償のご依頼を暫くの間停止させて頂きました。
今迄何度も、「趣味」として好きに作曲に携わっていこうと思い直したりしたのですが、
自身の年齢もそろそろ子供とは言えない歳になりまして...(苦笑)
中途半端な気持ちで人生も曲も作って行きたくないので、これからは
しっかりと責任や誇りをもって作曲家になろうと思いこちらの結論に至りました。
(勿論今までの楽曲も本気と熱意をもって作曲させて頂きましたが、
締め切りを延ばしてしまったり気持ちが緩んでいたことも事実です)
いえ本当に悩みましたよ!金銭的なものは抜きにして両親からも刺されたりしましたし。
しかしながら、いくら決断したと言えど実績やそれこそ力が無ければ意味がありません。
今迄は「趣味としてはそこそこ出来る同人作曲家(自負も良い所ですが)」
として活動してきましたが、これからは無名のアマチュア作曲家です。
茨の前方に棘の床の道のりです。
でもその道を決めてしまったからには、進んでいく所存ですので
「うわ、有償になったからって…」と思わずに、
これからも暖かい目で見守って頂けますと大変幸いです。
勿論完全に無償を停止したわけではなく、
視野を広げる為に気持ちに余裕が出来次第再開する事も考えております。

…という、いきなり戻って来たかと思えばこの人何言ってんの状態ですが、
上記以外は普通にサイトの更新も、自作ゲームも支障なく行っていきますので、
これからもどうぞどうぞ御贔屓に御願いします!!(←)

4年前の自身の記事を見ながらまさか
4年後の自分がこんなことになるなんてと半笑いな氷雨でした。
どうぞ天候が不安定な日々が続いておりますので、御身体は是非是非御自愛下さいませ!

Posted on 2014/09/12 Fri. 23:11 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。